節約は運用益を上回る s>r

節約

2014年末日本で発売されたトマ・ピケティ著「21世紀の資本」
非常に反響を呼びました。
知らない人は、絶対知りましょう。資本主義の現実が分かります。

r>gとは

「21世紀の資本」を読破しようとしたら、600ページ以上の専門書なので無理です・・・
結論は、長期的にみると資本収益率(r)は経済成長率(g)よりも大きい。
資本から得られる収益率が経済成長率を上回れば上回るほど、
それだけ富は資本家へ蓄積される。例外が第一次・第二次世界大戦。
それ以外は、労働者がいくら働いても資本家の利益には勝てないということ。

世界トップ8人の資産額と世界下位半分以下の資産額とほぼ同額、
と言われておりますが、地球レベルの話でr>gなのです。

そういうことなら、働くことやめて資産運用しよう!
というのは大きな間違いです。
そうなると地獄の一丁目で、人生が終わることになりかねません。
一定の金額がない人は、資産運用をお勧めしません。

大部分の人にとっては、s>r

s>rって何?saving(節約)>return(運用益)私が勝手に定義づけました。
トマ・ピケティ先生のように膨大なデータ調査を行っておりませんが、
大部分の人にとって、節約の方が運用益を上回ります。

富裕層と言われる資産額1億円。
1億円でやっと平均年収450万円が得られる金額です。
(利息を4~5%と想定。税金は考慮していません。)

ハードルを低くして年間100万円の運用益を得るには、
元本が2500万から3000万ほど必要です。
(先ほどと同じく利息を4~5%と想定。税金は考慮していません。)
更に、持ち金すべてを元本にできる訳ないので、
最低でもうプラスなん百万かは資産が必要ですね。

運用額の20%減っても大丈夫?

資産運用するのであれば、資産額の20%が一時的に減っても大丈夫な額で始めて下さい。
なので、資産額が100万円ない人は資産運用はしないで下さい。
20万円もなくなったら、精神的余裕がなくなります。

この投資で儲かれば2倍になります!
こんな商品は詐欺です。よくて年率10%と思った方が多いです。
金に困ると、そういう怪しい詐欺商品に飛びつきやすくなります。
詐欺商品については今後記事で取り上げます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました