他の安い火災保険に変えたい。結論:現状じゃどうしようもねえ

シェアする

部屋を借りる上で節約する諸方法を当ブログで列挙した次第ですが、火災保険について調べましたので、本稿ではより詳しく記述したいと思います。

結論を先に述べると、借りる側が火災保険を変更することは非常に難しいのです。
では順を追って説明したい。

広告

まず一人暮らしで火災保険を変更すれば相当安くなるよ、という話

まず、賃貸契約をすすめる際に不動産屋さんから勧められるままに火災保険を契約する人が大半だと思います。
ワンルーム6畳の部屋で、概ね1万5000円から2万円ほどでしょうか。(専有面積如何で保険料は変わります)

ですが、火災保険は不動産屋さんの商品でもましてや大家及び管理会社の商品でもありません。
保険会社の商品です。
ですので、不動産屋さんや大家とは全く関係の無い別の保険会社契約になるわけです。

もちろん知っての通り保険屋さんはあらゆる保険商品を取り扱っています。
賃貸の火災保険も各会社数多くの商品があるわけです。

では、実際どれくらい差があるのか。
僕の場合で共に二年契約ですが、不動産屋に提示された保険料が1万5000円、独自に探し見積もりした保険は6000円で、最安は4000円した。

1万円も違うじゃねえか!

ではその主な内訳を見てみたい。

賃貸の火災保険の内訳

  • 家財保証
  • 入居者賠償責任保証
  • 個人賠償責任保証
  • 水災・風災

概ねここらへんです。あとは保険会社別に色々サービルが異なりますが根本は上記の4つです。

一人暮らしの家財保証

さて、上から順に家財保証です。

これは、家が燃えました→俺の持ち物もついでに燃えた→もう一度揃える余裕ねえよ……
って時のための保険です。

家財とはあなたの持ち物です。
布団ベッドに冷蔵庫、洗濯機・服・トイレットペーパーに至るまで、あなたが買ったあなたの物です。

上の階の人が水出しっぱなしにして天井から漏れてきた。
たまたまその雫であなたの十万したPCが濡れて壊れてしまった。
だけど上の人は逃げてしまった、なんて時も保険適応です。

不動産屋さんの勧める保険ではその家財保証の上限額がだいたい200万~300万で計算されています。

ちょっとまって欲しい。

あなたは今まで家財に200万使いましたか?
単身の方、若い方は特にそんなに費やして居ないのがもっぱらでしょう。

この家財保証は大家には全く関係のない話ですのであなただけのことを考えて決めるべきです。
最低限の100万で十分でしょう。

これだけでかなり保険料は安くなります。

入居者賠償責任保証

賃貸では借りる側が退去する際、『原状回復』して大家(貸す側)に返す決まりがあります。
本稿では内容には触れませんが気になる方は「敷金について」で記事にしましたのでご参照下さい。

部屋が燃えちまった!→壁紙まるこげ→「元通りにして返してね。もしくは金よこせ」by大家
この原状回復する費用を保証するのがこの入居者賠償責任保証です。

大家が関係するのはここがほぼ全てです。
入居者賠償責任保証の上限額が部屋の評価額を下回っていると大家的にはいちゃもんを言いたくなるところです。
専有面積で保険料が変わる理由もここに関係します。

これは不動産屋さんが用意した物も大差ありません。
概ね1000万~2000万円でしょうか。

ここは大家さんの言い分を聞くべきでしょう。
何かあった時困るのはあなたです。
十分な保証をつけておくべきです。

個人賠償責任保証

自賠責保険を想像していただければわかりやすいと思います。

つまり、他人と対した際の保証です。

洗濯機のホースが抜けた→階下の部屋を水浸しにしてしまった→「どうなってんだ、(´・ω・)9このやろう」by住人
この時の賠償請求を保証するのが本保証です。

これも大家と直接関係はありませんが、そのために家賃が払えないなんてことも十分に考えられますので、十分に保障額を設定しておくべきです。

1億というのがその額に相当するようです。
1億を目安に考え、保険屋さんと相談してみてください。

水災・風災(あと地震?)

火災保険の対象として自然災害をどこまで含めるか、と言うことが保険料に多分に反映します。

これは各家屋の立地、部屋の階数など考慮すべき項目ですので、各々違いが出てきます。
むしろあなたの価値観が入る余地のないところと言っていいのかもしれません。

つまり、あなたがもし地上120階の高層階の部屋を借りたとすれば水災(川の氾濫、洪水)は有り得ないでしょうし、台風天国の沖縄に住むのであれば風災は必ず入れなければいけなくなってしまうでしょう。
阪神淡路大震災・東日本大震災がありました。噂される南海トラフ地震や東京大地震も控えている我が国日本の現状もあります。

保険屋さんと十分に相談しましょう。
それがあなたの保険に対する知識を与え、答えを導いてくれることでしょう。

では、実際火災保険の変更はできるのか?

結論から申し上げれば、かなりの確率で難しい、変更を受け入れられないのが現状です。

実際数件不動産屋さんを巡り調査したところ、大阪の一地域ではありますが、全ての不動産屋さんが難色を示しました。

そしてさらに突っ込み、管理会社や大家にまで交渉をしましたが、火災保険の変更は受け入れられませんでした。

つまり火災保険を提示された物以外に変更するならその部屋をお貸し出来ない、と突っぱねられた形です。
慣習として出来上がったフォーマットを崩すことがどうにも出来ないようです。

不動産屋さん及び管理会社がやんわり断った理由は以下です。推察も含みます。

  • 管理上、保険関係は統一をはかりたいから
  • 用意した物が大家管理会社含め唯一納得のいく保険内容だから
  • バックマージンが入らないから(保険業者から紹介料。推察です。概ね保険料の30%ほどです。)

僕個人の意見としては、どれも僕が保険の選択の自由を放棄するには不十分な内容と言わざるをえない、と言う意見です。
借りる側がお金を払い、借りる側が契約する保険商品を上記の理由で阻害されるのはいかがわしいとしか思えません。

ですが、部屋を借りる前の借りる側の立場は非常に弱いもので、「保険を変えたいなんて言うややこしいお客さんは入居させたくない」や「二番手の申し込みが入ってその人は保険を変えずに契約したいと言っているがいかがですか?」という物言いをされればなんとも対抗できません。

結局、たかだか一万円ほどの差額をどう見るかの価値観の相違で、かなり意見が違ってくると思います。
僕はされど一万円と思っていますが……。

結論

上記の変更が利かない問題を消費者相談センターと公正取引委員会に聞いてみたのですが、個人間の自由契約である以上双方ともの合意で成り立つので独占禁止法や保険業法に抵触するといった話ではない、との回答を頂き、かつ、交渉し納得出来ない場合は他を当たるしか無い、との助言を頂いた。

行政的、立法的にこういった問題に対し何か動きがあるか問うた所、現状変更の動きはないとのこと。
ただ、消費者相談センターにはこういった相談が僕以外にもあるのもまた事実で、もし数が増えれば対処するかもとのこと。

結論。

契約前に火災保険の変更ができるのかとりあえず聞いてみてダメならダメ。
貸す側優勢、現状どうにもならん。
「(・∀・)イイヨイイヨー」と了承されれば諭吉一枚くらいは節約できる。

こういった慣習が根付いたのは何も考えずに契約している借りる側の態度なんですね、結局。
ただ、だからといってクレーマーになってはいけません。
最低限の品位は保ちましょう。

余談ですが、火災保険に加入自体嫌だは通らない話です。

広告

『他の安い火災保険に変えたい。結論:現状じゃどうしようもねえ』へのコメント

  1. 名前:鈴木 投稿日:2015/08/17(月) 01:17:33 ID:eab955828 返信

    こんにちわ
    火災保険についてとても参考になりました
    自分は火災保険の現状の対応というテーマについて取り組んでいますが現状もよくわからなく何かいけんをいただけたらと思っています

    • 名前:西沢朋 投稿日:2015/08/17(月) 13:49:55 ID:56495825a 返信

      コメントありがとうございます。

      賃貸に限り、大阪での現状は、僕が認識している限り、意見は本稿の通りです。

      もし付け加えるとすれば、保険屋さんとのやりとりですが、火災保険の変更を許さないという大家は聞いたことがない、とのことでした。ただ、これは営業トークの可能性や、伺った件数が一件だったので本稿では省いた次第です。/p>

      現状がわからないということですので、まず現状の把握が第一かと思います。方法とすれば、物件を借りる・買うふりをして不動産屋さんを回ってみるか、保険会社の広報や公正取引委員会、消費者センターなどに問い合わせる。他には日本賃貸住宅管理協会などの公共団体、賃貸に詳しい弁護士などに意見を伺うのもテーマを肉付けする上で重要になると思います。

      鈴木さんはどういった意図、目的、動機を持ってそのテーマに取り組まれているのでしょうか? それがわからないので、これ以上の意見は適切かどうか判断できません。あしからず。