元コンビニ店員が歴戦の数々を語る

シェアする

なんというか、色々と思い出が呼び起こされたので。

広告

缶コーヒーを投げつけられた話

多分潔癖症の方だったんでしょう。
会計するときにバーコードをスキャンしないといけないんで缶コーヒーをつかもうとしたら、「触るな!」と一喝。
「え?」
ってなるとお客さんは缶コーヒーをひっつかんで「汚い手で触るな!」と罵ってきた。
「スキャンしないといけないんです」と僕も頭にきて追い打ちかけたら、「いらんわ!」と缶コーヒーを投げつけられた。
その缶コーヒーは僕が買った。

明日の昼に食べようと思って買ったパンだけど消費期限が今日の夜だったから返金して

バックルームで仕事してた僕に新人の子が助けを求めて来た。
お客さんに見だしの要求をされて困っているようだ。
で僕が出ていって、カクカクシカジカを聞いた上でパンを見るとまだ廃棄時間になっていないものだった。
「レシートあります?」
「ないです。さっき買った」
「販売期限がまだ過ぎてないものですので、話聞くにお客様都合ですので返金は出来ません」と僕は答えた。
「もうええって。はよして」と返されたので、
「出来ないっすね」と負けじと被るくらいの勢いで答えた。僕はすでに頭に来ていた。
二度とくるかと言ってその人は帰っていった。
その後新人の子曰く、その人に「いらんわ!」とパンを投げつけられたとのこと。
消費期限までパンは保管した。

くじ引きの当たり商品取ってくる間にくじを盗まれていた

何円買ったらくじ引きって企画。
当たりの商品は店で売っている商品。なので、当たったらその商品を取りに行く。
その人は4枚当たったが、そのうち1枚は在庫を切らしていた。
「すいません。この商品、今在庫切らしちゃってまして、他の店でも使えるので」
と言って当たり券を返そうとしたら、
「持ってきて」とお客さん。
「ええ、それがですね在庫切らしてましてね」
「うちに他の店に取りに行け言うんか? お前がもってこいよ」とお客さん。
「深夜ですので防犯上それが出来ないんですね」
「それお前の都合やろ。もうええわ、もう一回引かせろ」
「いや、それは出来ないです」(僕はとっさのこの対応をあとですごく後悔した。引いてもらって違う当たり商品持って帰ってもらってたら良かったと)
……怒号、そして一時間が過ぎ……
「もうええわ、本部にクレームつけるからそこの電話番号教えろ! お前名前なんや! 言ったるからな!」
と本部のカスタマーセンターにお客さんがクレーム入れるってことでとりあえずその場は終わって帰ってもらえた。
その旨はオーナーに報告した。

後日わかったことだが、オーナーがカメラでその始終を確認して見ると、僕が商品を売場から持ってくる間に、その人くじの箱に手を突っ込んでくじを鷲掴みにしてバッグに入れていたとのこと。
盗んでおいてあれだけキレられるのすごいなと感心してしまった。

店内大乱闘スマッシュファーザーズ

家族同士のいざこざ。
A家族は3歳ほどの娘さん、5歳ほどの息子さん、そして母。
B家族は足をけがしている松葉杖をついた中学生ぐらいの息子さん、そして母。
3歳と5歳が店内でキャッキャして走り回っているのを見かねた中学生が3歳に怒ってしまった。
それを見たA母ブチギレ中学生に怒鳴ったのを見たB母もブチギレ。
双方譲らず。警察に連絡。
警察登場。双方収まらず。
A母により召喚された、A家族の父と仲間たち5人がやんちゃな車をやんちゃな止め方して来店。
その後B母により召喚されたB家族父がファミリーカーで駆けつけ単身参戦。
30分も経たずして事態はエスカレート、罵詈雑言の嵐。子供置いてきぼり。
3名の警官では太刀打ちできず応援要請、追加4名の警官を巻き込んで店内は騒然。
A、Bの父2名は頭に血が昇りきっていてボルテージマックス。
Aの父はサングラスを外して睨みつけ、Bの父は上半身裸の態勢で迎え撃つ。
取っ組み合いの殴り合い。中学生もふっ飛ばされて見るに耐えない様相。警官、僕、Aの取り巻きまでなんとか父同士を引き離し、長期戦にもつれ込む。
通報後1時間半が経過したところで、警察はこれぞ妙案と言わんばかりに5歳と中学生に握手をさせ仲直りしたという茶番を持って事態の収集をはかる。
最終的に解決に導いたのは双方の疲労だった。

充電できへん交換して→レジの壁に穴をあけ出勤

早朝入店いなや「交換して」とお客さん。
乾電池式の充電器とレシート(なぜか領収書)をレジテーブルの上に置いた。
実際に買った商品なのか確認は厳密にはできなかったがお客さんを信用し充電器を点検。
幸いmicroUSBだったので僕のスマホで通電確認(この時どれだけ充電できないでくれと思ったことか)
残念ながら通電してしまった。
「充電できますね」
「俺のは出来へんねん。返金して。はよして仕事やねん」
「すいませんが、初期不良でない場合は返品は受け付けられないんです」
「買うとき充電できへんかったら返品できるって聞いたから買ったんやで!」
「申し訳ないですがそう言われましても対応できません」
「ええから返金せえや!」
「と言われましても」
「もうええわ、ほなこれ置いていくからまた来るからその時返金して」
「出来ません。こちらもお客様の物ですので持ち帰りください」
2、3回そんなループを繰り返し、とうとう折れたお客さん、商品握りしめて帰る。
帰りざまドンと大きい音がする。どこかを蹴ったようでレジ中の僕には見え無かった。
お客さんが軽トラに乗り込んでいるころ、レジの壁板に穴があいていた。お客さんが蹴って穴を開けたようだった。
弁償させようと追いかけたときには車は発進、走り去っていってしまった。
すぐに通報。後日、被害届は出したが捕まるはずもなく。

トイレがうんこまみれ(手洗い場もうんこまみれ)

トイレの中は日常茶飯だが、トイレの個室の外に設置されてる手洗い場までうんこにまみれてたのには驚いた。

接客業は色々あるなぁとしみじみ

他にも色々と細々したのはある。
何新聞か確認する間もなく金だけ置いて去っていこうとするお客さんに「何新聞か見せてください」といったら目の前2cmぐらいまで新聞見せてきたり。
弁当をアイスケースに置き去りにしていったり。
イヤホン爆音で聞こえないのか「弁当温めますか?」と2回繰り返したら「なんや!」って怒鳴られたり。

色んなお客さんいるけど、働いててつくづく思ったのは夜が深まれば深まるほどこういう変なお客さんの割合が増えるということ。
コンビニの客というバイアスはかかっているんだろうけど、あれを見てると夜中に出歩こうと思わなくなったし、もし仮に万が一、結婚して子供が出来たら、子供は9時に寝かしつけないとなぁ、とふと思い出した。

広告