テフロンパンを買い直すのはもう止めにして鉄のフライパンを使うべき理由

シェアする

テフロンパンの寿命は思いの外短いものです。スポンジの固い方でさえゴシゴシすると痛むので洗う時にも気を使います。そんなテフロンパンより鉄のフライパンをオススメしたいと思います。

広告

テフロンパンのここがダメ

まずはテフロンパンのダメなところをピックアップしたいと思います。

表面加工が打たれ弱い

冒頭でも言いましたが、一番に挙がるのは痛みやすさです。

テフロンは表面加工が命ですので、それが剥がれればただの鉄くずです。

そしてこれが剥がれやすい。まず煙が出るほど熱するのはNGです。表面加工が煙となって消えて無くなります。ゴシゴシ洗ってもダメです。傷がつくとそこから剥がれ始めます。

フライパンを十分に熱することができない

理由は先ほど述べたとおり、ある温度に達してしまうと表面加工が気化し始めてしまうからです。

ほとんどのテフロンパンの説明書にはおそらく強火NGの記載があるはずです。

空焚きなんて以ての外です。

茹でると痛む

基本的に水分の多い料理はフライパンでするものではありませんが、テフロンの場合には表面加工がオサラバしてしまいますので取り返しがつかなくなってしまいます。

上のことに気をつけても数年で使い物にならなくなる

どんなに丁寧に扱おうが、調理することでの痛みには耐えられません。必ず寿命を迎えます。気化した表面加工は決して復活することはありません。買い直すしか手がないのです。

僕の中の位置付けですが、テフロンパンはオムライスやオムレツなどの「オム」専用パンだと思っています。出汁巻き専用パンより不要なのではないでしょうか。

そこで昔ながらの鉄のフライパン

買い直すのは非経済的ですし、何より隔年かひどくて毎年買い換えると考えると面倒にもほどがあります。そこで少しでも持つものをと高いものを買うという思考に走ってしまいがちなのではないでしょうか。そんな馬鹿な話はありません。

そこで鉄のフライパンです。

面倒な上、ひっつく・焦げ付くイメージがある鉄のフライパンですが、それらは全くの誤解です。では実際に使っている僕が気付いたメリットをご紹介したいと思います。

ひっつかない・焦げ付かない

正しく使っていれば鉄のフライパンでもひっつくことはありません。オムレツも作れます。それも使えば使うほどひっつかなくなっていきます。鉄のフライパンは成長するのです。

正しく使うと前置きしましたが、調理前によく熱して満遍なく油を引くだけです。

雑に扱える

鉄のフライパンはテフロンパンのように神経質になる必要がありません。タワシで洗ってください。その時に洗剤は不要です。むしろ使わないでください。表面の汚れだけを流し落とすイメージです。

唯一気をつけなければいけないことは洗った後の水気を完全に切ることです。鉄だから錆びるのです。しかし、これも簡単ですね。数秒火に当てるだけで蒸発してくれます。

何度でも蘇る。

もし錆びても復活させる方法は詳しく紹介しているサイトがあると思います。僕は紹介できません。なにせまだ錆びたことがないからです。雑に扱っていますが思いの外錆びません。もし錆びたとしても基本的に他の鉄製品の錆び取りと方法は同じだとおもいます。研磨すれば取れるわけですから。

鉄分が取れるらしい。

どうやら鉄分がフライパンから得られるらしいのです。鉄のフライパンに触れているわけですからね。どうなんでしょうか、あまり医学には知見が狭くわかりませんw 貧血気味、血の気の薄い人は元気になれるのではないでしょうか。

安い

テフロンパンも安いものがありますが、安いもの同士で鉄のフライパンと比べてみると安心感が違います。前者はすぐにへこたれますが、後者は半生くらいはもってくれるのではないでしょうか。

買い換えないと考えるとはるかに安くつきます。

料理が美味しくなる

色々と鉄ですと化学反応が起こるらしく、肉なんか焼くと美味しくなるそうです。ただ、綺麗なフィルムのような焦げ目のない薄焼き卵などは作りづらくなります。ただ、味はうまい。

僕の愛用の鉄パンちゃんも料理を美味しくしてくれていると思います。プラシーボですかね。

こんなにメリットがあるのになんでテフロンパンが流通しているのか

これまでつらつらと鉄パンの魅力を語ってきたわけですが、そうなら安くていいものがなぜ片隅に追いやられたのか。

僕は長きにわたるダイエットブームが原因のように思っています。

鉄パンは油を多く使います。先ほど説明した通り、そうしなければ表面にくっつくからです。

油はダイエットの大敵だそうです。一般にそう考えられています。やはり油をたくさん使わざるをえない鉄パンは世の主婦の方々に敬遠されてしまったのだろうと思います。

あと、重いというイメージです。

一般的にテフロンパンは内部にアルミを使っているそうですから鉄より断然軽い。やはりこれも世の奥様方のか細い腕には辛いということで敬遠されたようです。

二つのデメリットに反論したい

まず油の問題ですが、油も体には必要不可欠な要素です。それが過剰だから敬遠するということだとおもいますが、順序がおかしいと思います。まずは食材を選ぶ、食べる時間を選ぶことから始めるべきではないでしょうか。それに今はフライパンを買うにあたってダイエットを意識する人は稀なのではないでしょうか。蒸し料理でも食ってろと言いたくなります。鉄のフライパンのせいにしないでもらいたい。

次に重いという問題です。確かに鉄のフライパンは重いです。手に持った時にずっしりと感じます。

ですが、考えてみてください。フライパンってそんなに手だけで持つことありますか?

僕はほとんどの時間ごとくに乗っかってる状態でほとんどフライパンを手にしていません。なんだったら洗い物しているぐらいです。

ひっくり返す時くらいでしょうが、その時にも横の動きですからさほど重量は気にならないんですよね。煽り物を作っていて腕が疲れる方はフライパンの重さを疑うのではなく、ご自身の料理の腕を疑うべきです。

結論、テフロンパンを買い直すのを止めにして鉄のフライパンを買うべき

ここで、ミニマリスト的にひとつだけ選ぶとしたらということを考えると、僕は中華鍋を選ぶかもしれません。あれだと揚げ物も蒸し物もできますから重宝するんですよね。

今までの説明を全部ちゃぶ台返ししたところで、この辺でお開きにしたいと思います。

広告